名古屋の弁護士事務所の借金相談を受けた時に個人再生で借金問題解決に

金融業者からの借金返済が難しくなった時に思い浮かべたのはマイホームを処分しなければならなくなるかもしれないと言う事でした。マイホームは住宅ローンを組んで購入したもので、住宅ローンも多く残っています。
仮に自己破産をした場合でも、ローンの残債は返済しなければならないなど、情報サイトを利用した時にこのような事が書かれていたため、念願のマイホームを手放さなければならない、ローンの残りについても返済していく必要が在るなどの不安もありました。名古屋の弁護士事務所に相談をしたところ、収入が在る程度在るので個人再生手続きを行う事で借金を減額し、残りの返済を行う事が出来ると言う事を教わったのです。
個人再生の場合は自己破産の様にマイホームを手放す必要が無いため、自分にとって最適な債務整理の方法であると言う事を名古屋の法律事務所の担当弁護士から説明を受けたのです。裁判所に提出をする再生計画書を作成するに当たり、弁護士からのアドバイスを受けるなど、色々な経験や勉強をしたと感じていますし、名古屋の弁護士事務所に依頼をした事で、借金は大幅に減額し、自己破産をしてマイホームも処分しなければならないと思っていたものが、マイホームをそのまま維持する形で債務整理する事が出来た事など感謝しています、。
「タカタ問題」の論点整理 (1/3) – ITmedia
ITmedia「タカタ問題」の論点整理 (1/3)ITmedia事業継続を前提とする債務整理には、会社更生法に基づくものと、民事再生法に基づく2つの方法がある。おおざっぱな言い方になるかもしれないが、会社更生法では裁判所に任命された管財人が再建業務を実施する。民事再生の場合は現経営者が継続してその任につき債権者 …and more »(続きを読む)